会長挨拶

 平素より、熊本県消防協会の業務運営に関し、ご理解、御協力を賜り、誠にありがとうございます。
 当協会は、昭和23年4月に設立されましたが、以来、今日まで69年の長きにわたり、消防団員並びに消防職員の活動の支援を行う団体として、県民の皆様に対する防火思想の普及啓発をはじめ、地域防災力の向上等に関する様々な事業を行ってまいりました。
 県内には、現在、12消防本部と45消防団があり、約3万6千人余の消防職員・団員が、県民の皆様の安全安心確保のため、火災や災害発生時における避難誘導、人命救助、初期消火活動など、昼夜を問わず献身的に消防活動に尽力されています。
 しかしながら、近年、産業構造の変化や過疎化、少子高齢化の進展等により、消防団員数が全国的に減少しています。本県においても消防団員は減少傾向にあり、この10年間で1割近く減少しています。地域の防災力を維持・強化するためにも、時代に即した消防団づくりへの取組が大きな課題となっています。
 当協会では、このような状況に対応するため、消防団や消防団活動への県民の理解を深めていただくための事業や団員の士気高揚のための事業に取り組んでいます。
 このホームページは、その取組の1つとして、熊本県内の消防団(員)、当協会の事業概要等を多くの方々にご理解いただくために運営しています。消防団を身近なものとして感じていただき、消防団活動に意欲的に参加・協力いただければ幸いです。
 消防の活動は、まさに危機管理そのものであります。「自らの地域は自らで守る」という郷土愛護の精神の下、県民の皆様の安全安心のため、関係者一同、全力で取り組んでまいりますので、引き続きご支援、ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。

                                       平成29年5月

一般財団法人 熊本県消防協会
会 長